借入れと返済の行い方

口座振込を除けば、アイフルの借入れや返済は主にカードを使って行われます。借入は限度額の範囲内で自由に行えます。繰返し借入れ可能という部分は少々分かりにくいかもしれません。アイフルでは35日毎に返済日がくるサイクル制と、毎月同じ日に返済日がくる約定日制がありますが、約定日制を例にとります。

 

例えばアイフル契約時の限度額が30万円だった場合、借入残高が30万円を超えない限りは、好きな金額を好きなタイミングで借入れが可能です。いきなり30万円借りたとしても、特に問題はありません。

 

初めは必要なものがあって、購入費用として10万円借りたとします。借入をすると、毎月返済の必要があります。アイフルで10万円借りた場合、毎月の返済額は4,000円となります。返済日までにかかった利息分を差し引いた金額が、元金の返済に充てられます。

 

順調に返済していって、借入残高が5万円まで下がったとします。この時点で、限度額30万円から差し引いた25万円までなら、やはりいつでも借入れが可能になります。

 

もしも借入残高が5万円まで下がった時点で、再度10万円借入れしたとします。この時点で借入残高は15万円となります。アイフルでは15万円借入れした場合の返済額は8,000円となるので、今後は8,000円を毎月返済していきます。

 

返済について分からないことがあれば店舗で聞くのが良いので、アイフルの店舗が設置されている地域を探してみると良いでしょう。関東地方なら渋谷の消費者金融を調べるとアイフルの店舗があるのが分かるので、返済の相談などもしやすくなっています。